女性ばかりが働く会社では、女性が正当に評価されていて、仕事ができる人はどんどん昇格していき、どんどん昇給できる仕組みをとっている会社が多くあります。そういった会社で働いている女性は仕事に対しての意気込みも、仕事に対しての熱意もとても持っていて、生き生きと仕事をしています。頑張ればその分がしっかりと評価してもらえるのですから当然のことかもしれません。
しかし、男性社会の中での女性の仕事に対する評価はあまり正当と言えないのかもしれません。女性は入社した時点から結婚や出産のことを配慮され、出世のコースからは離れた地点からのスタートになると思うからです。確かに、結婚や出産で仕事を退職してしまう女性もたくさんいます。しかし、だからと言って、正当な評価がされないのはおかしいことです。結婚や出産で仕事を退職するにしても、仕事のできる人が出世や昇格を手にするのはあたり前のことだと思うからです。仕事も誰よりもでき、人望も厚い女性は結婚して退職しなかったとしても、スタート地点からかなり出遅れているので、男性が昇格される年齢には同じように認めてもらえないことになります。頑張る人が評価される外資系の企業も増えてきていますが、上司にゴマをすることで出世ができる会社もいまだに存在しています。人を気持ちよくさせる能力がずば抜けて高い部分は評価するべき部分だと思います。しかし、それにプラスしたものがなければその人は人の上に立つべきではないと思います。